けんちの日記

雑記ブログ:日々の日記をはじめ、適応障害、ミニマリスト、プレパパ・子育てなど様々な情報を発信するサイト

MENU

住宅ローン控除(減税)の還付金が返ってきました


こんにちは、けんちです。

以前、確定申告にて住宅ローン控除の還付金が返ってこないという記事を投稿しましたが、その還付金が先日返ってきたときのお話をしたいと思います。
kenchi0805.com

確定申告~修正までの経緯

今年の3月上旬に確定申告をしまして、通常なら申告後1ヶ月~1ヶ月半程で還付金が返ってきますが、還付金が返ってこないので税務署に連絡しました。

すると間違えている箇所があるので直しにきてほしいということでしたので5月上旬に修正に行き、申請は通ったのですが返金まではさらに1カ月半ほどかかるそうです。

確定申告の修正後

ちなみに還付金についてですが、還付金は満額が返ってくるわけではありません。あくまでも自分が納税した分しか返ってきません。
例えば還付金額が30万で納税したのが20万円だとすると、直接現金で返ってくるのは20万円ということです。

じゃあ結局損をするじゃないか、と思うかもしれませんがご安心を(^_^;)
納税した分が返ってきてまだ還付金額が残っている場合は、住民税からひかれることになります(上限があります)
つまり上の例でいくと、残りの10万分が次の住民税から引かれます。

これは私も驚きました(゜ロ゜)
修正の時に聞いたときは全然返ってこんやんとも思いましたし、ハウスメーカーからは全部が現金で返ってくる想定で色々話されましたので。

もう一度言いますが、還付金の額というのはあくまでも返ってくる額の枠の話であって、その中で納税した分は現金で返ってきて、残りは住民税から引かれる形になります。

住民税が引かれていない!?

還付金が返ってきたのは良かったのですがまだ完全に終わったわけではありません。
私にはまだ還付金額が残っていて住民税から引かれるはずなのですがそれが未だに引かれていません。

私の場合、修正のタイミングが遅く住民税の決定通知書が発行されてしまったので6月の住民税は最初に決定された金額が引き落とされたのですが、税務署に連絡したところ7月の引き落としから6月に落とされた分も換算されて変更された金額が落とされるという風に聞いていました。

でも7月の給料を見てみると住民税が最初の金額のまま引き落とされていました。

会社にも変更された通知書は届いていないということなのでまた税務署に連絡しなきゃいけません( ´Α`)
とてもめんどくさい(笑)こっちだって仕事があって暇じゃないんです(笑)

改めてこんなにめんどくさいことはないと思いました(笑)
もうこんな確定申告は懲り懲りですね。
まあ今年から会社での年末調整で済むからいいんですが。
でもこの感じじゃあ安心できないですね。
毎年決定通知書が発行されたらちゃんと住宅ローン控除の分も含まれた上で計算されているか確認しないと(*_*)
これが13年も続くのかー(*_*)
なんてこった。

おわりに

今回は還付金が返ってきたときのお話をしました。
次回は最近住民税決定通知書の修正された最新の物が届いたのでその話をしたいと思います。

この情報が少しでも役に立てば嬉しいです!
最後まで読んでくださってありがとうございました。

ではまた(^O^)